• 2019年3月11日
  • 2019年8月6日

Valextra ヴァレクストラ イジィデ ミニ ブラック を高額で買取させていただきました。

ヴァレクストラというと究極にシンプルなバッグや革小物というイメージでしょうか。

ロゴや主張するデザインはほとんど見当たらなく、飽きが来ない長く使用できるバッグとして人気も高まっているようです。

誰が言ったのかはわかりませんが、イタリアのエルメスと聞いたことがある方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

これも噂ですがエルメスの革と同じ仕入れ元だとか…。

今回買取させていただいたのは イジィデ ミニ 色はブラック サイズは幅22㎝ 高さ16.5㎝ 奥行12㎝(底の部分)

横から見るとピラミッドのような形になっていて、意外にマチがあり使い勝手もよさそうです。

国内定価は40万円くらいです。

少し大きいサイズのミディアムになると、素材にもよりますが46万円~50万円くらいになります。

かなりの高級品ですよね。

これだけシンプルで、ブランドの主張もあまりなくて40万円。

エルメスまでは届きませんが、あと少しでエスメスに手が届きそうな値段です。

 

あるネットの記事にのっていたのですが富裕層の女性たかたのコメントで

 

「エルメスのバーキンやケリーだと主張しすぎるし当たり前に持っている人が多いのでコーディネイトが~~…

なので、最近はヴァレクストラのバッグを頻繁に使っています!」

 

とありました。

これは面白いなと思ったんですが、そもそもセレブの方は高い金額を出してエルメスのバッグを買い

自分なりの主張をしていたが、そのバッグを持つ人が多くなると自分の主張が弱くなってしまうと

考えたのでしょうか。

高級品も時間がたてば中古が多く出回り少し安い金額で購入する人も増え、プレミアはどんどんと

なくなってきます。

上記の発言をしていたヴァレクストラのバッグを頻繁に使うようになった女性は、今後ヴァレクストラのバッグを

持つ人が多くなれば多分そのバッグ、そのブランドを買うのをやめるのでしょう。

 

多くの人が持っているものは嫌だけど世界で自分しかもっていないブランドではダメなんですよね。

身に着けるものを選ぶのってなかなか奥が深くて難しいですね!!

閉じる

MENU
トップへ戻る