マイセンの高価買取 | 最新の高い価格で売るならダンシャリ銀座

マイセンの高額買取はDan-Sha-Ri(ダンシャリ)銀座にお任せ下さい。 1700年代の古いお品物から2000年代の新しいお品物まで、マイセンの双剣マーク(窯印)だけでも種類が10種類以上あります。 10年から30年刻みで双剣マークが変わります。 中古市場では特定の年代によって非常に評価が高い品物もあります。 専門の鑑定士でなければプレミアムの価値を見逃してしまう可能性がありますので、特に古いマイセンのお品物を売却される際はしっかりと価値を見極めてくれるお店を探す必要があります。 ダンシャリ銀座ではブランド食器や西洋美術専門の鑑定士が在籍しています。 鑑定歴は10年を超えていますのでお客様の大切なお品物の価値を見逃さないようにしっかりと査定させていただきます。

マイセンの高額買取実績

  • ¥250,000

    マイセン スノーボール 花瓶

    他社買取価格: ¥180,000

  • ¥20,000

    マイセン ブルーオニオン テーブルランプ

    他社買取価格: ¥10,000

  • ¥85,000

    マイセン フィギュア ハーモニカを磨く天使 

    他社買取価格: ¥50,000

  • ¥150,000

    マイセン 人形と遊ぶ少女  

    他社買取価格: ¥100,000

  • ¥75,000

    マイセン キャビネットプレート 1924年以前

    他社買取価格: ¥50,000

  • ¥92,000

    マイセン スノーボール&ソーサー

    他社買取価格: ¥70,000

  • ¥32,000

    マイセン アレキサンダー 人形  

    他社買取価格: ¥10,000

  • ¥12,000

    マイセン カップ&ソーサー

    他社買取価格: ¥2,000

  • ¥50,000

    マイセン コバルト コーヒーポット

    他社買取価格: ¥20,000

  • ¥50,000

    マイセン リミテッドエディション 磁器人形

    他社買取価格: ¥20,000

  • ¥38,000

    マイセン ブルーオールド ティーポット 

    他社買取価格: ¥25,000

マイセン買取サービスを利用したお客様の声

高額査定ありがとうございました。

私はマイセン磁器が好きで、ティーセットなど色々と集めておりました。ですが、震災などで何点かヒビが入ってしまい、使わないものは処分する事にしました。ネットでこちらのお店を見つけ、査定をお願いしたところ、状態の悪い品物でもしっかりと査定して頂けましたのでとても満足しています。正直売れると思っていなかったものでも値段を付けてくれありがとうございます。また機会があれば利用したいと思います。

この度はダンシャリのマイセン買取をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

マイセン磁器は数あるブランドメーカーの中でも特に人気が高いお品物になります。確かに陶磁器類はひび割れや欠損部分があると、価値がなくなってしまうことが一般的かと思われます。しかし当店ではそのような状態が悪いお品物でもなるべくお値段を付けて買取いたしております。この度は多数のお品物を売却頂き誠にありがとうございます。またいつでもお気軽にご利用くださいませ。

思っていた以上の金額になったので嬉しかったです。

マイセンのカップ&ソーサーを買取して頂きました。元々そんなに食器に詳しくなかったので、価値があるのかは分からなかったのですが、以前にこちらを利用した際に、食器類も売れると聞きましたので今回お願いしました。思っていたよりもかなり高く査定して頂けましたので大満足です!実家にもあったような気がするので、出てきましたらまた持ってきます。

この度はダンシャリのマイセン買取をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

マイセンなど、高級食器は中古市場でも需要がありますので、多少使用感があっても買取する事が可能です。お客様にもお喜びいただけたようですので、当社としても嬉しい限りでございます。当店では幅広い買取ジャンルを扱っておりますので、「売れるかどうか分からない」なんてお品物でもお気軽にご相談くださいませ。お見積りは何点ありましても何度でも無料でご利用頂けます。またのご利用を心よりお待ちしております。

マイセン買取はお任せください!

装飾磁器の中でも高品質として名声の高いマイセン磁気は長剣の交差したマークを使っていることで世界的に有名です。ヨーロッパ陶磁器の絵付けでは原点とも言われているほど歴史は古く、マイセンは七の絵付けに従事していた2人の職人にりよる実技指導の本や豊富な図形がとても魅力的ですね。一般の購入者にもマイセンファンはとても多く、中古市場でも需要が高いブランド陶磁器です。当店ではマイセンの買取価格に自信があります。マイセンには様々な種類がございますが、どのようなアイテムでも大歓迎です。コンディションの悪い品物でも諦めずお持ちください。お使いになられていないマイセンがございましたら是非ダンシャリをご利用くださいませ。

関連コラム集

マイセン買取について

マイセンを高く売るなら当店にお任せください!ダンシャリではマイセンの高額買取に自信があります。
マイセンならどの様なジャンルでもOKです。人気の食器類はもちろん、陶板画や人形などすべてしっかりと査定しお値段をお付け致します。
マイセンの歴史は古く、現在まで様々な品物が発売され、なかにはコレクターなども多くいるブランドですね。
日本人からしてみればまさに西洋美術と印象を持っている方も多くいるかと思います。
ブランド陶器を扱うメーカーの中でもとても人気が高いブランドですので模造品なども多く存在しております。
マイセンは作られた年代や窯により、刻印されているマークに特徴があり、年代ごとに違うマークやマイセンのロゴなどに作品によって違いがあります。
マイセンには等級があり、1級品、2級品、級外品、マイセン窯ではない品物などです。
マイセンのロゴに2本の線が入っている品物は2級品以下になりますので買取査定はもちろん低くなります。
海外などではこういった品物を多く販売しているところもあり知識がないと高額で購入してしまう場合もあります。
ですが当店では2級品でも買取致しておりますのでお使いになられていない品物がありましたら是非お気軽にご利用くださいませ。

マイセンの歴史・豆知識

マイセンは今からおよそ300年前にヨーロッパで始めて磁器を生み出します。始まりはドイツでその歴史や様々な作品は当時から現在まで数多くの人々から愛されております。17世紀当時のヨーロッパでは純白で薄く硬い磁器を生み出す技術は無く、日本の伊万里や中国の磁器などがとても流行しておりました。当時の王族貴族や有力者はその製法をやっきになって見つけようとしていました。そして1709年にヨハン・フードリッヒ・ベトガーはようやく磁器に近い製法を作り、その翌年1710年に硬質磁器窯「マイセン」が誕生します。初期の陶器はほぼカップ状のものだった。平皿や深皿をつくるのが難しかったのである。1725年になると初期の頃の困難は解消され、素地土が改善され、マイセン陶磁器がつくられるようになった。その後、真っ白な素地土がつくられるようになり、質の良いホウロウ引きや金・金粉飾が生み出されるようになった。ほどんどの品が東洋のスタイルに基づいて製造された。初期のデザインで最も有名な品は、ブルール伯爵のために作られた「スワンビーチ」である。平皿と深皿は鶴を縁取り、2羽の白鳥が浮き彫りさらた上に鶴がとんでいる姿を描いたものである。縁にはブルール伯爵家の紋章と花の小枝模様が彩色された。1枚の平皿で、今では1万ポンドはします。中国風のデザインも同様の価値があります。マイセンのもので最も安いとされるのは青下絵釉であります。あまり量はないが、不揃いの平皿が50ポンドからあります。この18世紀の中ごろから東洋的な影響が自然主義的な花えと移っていきます。これらや約100ポンド前後で購入できます。18世紀末にはマイセンの品質が落ちております。これはウェッジウッドのクリーム色の陶器が成功したことも影響されておりますが、1840年代には再び品質を取り戻します。デザインは18世紀中期に逆戻りし、現在でも同じスタイルで多くの作品がつくられています。ただし、現代の品質は以前のものほど良品ではありません。マイセンは熟練した製作者を数多く雇い、多くの人物像をつくっています。これらはもともと、晩餐会用テーブル上を飾るためにつくられました。当時流行したイタリア仮面喜劇「狩猟、あるいは冒険」のように世相を反映した品もあった。価格は広範囲にわたり、19世紀の小さな小児象なら200ポンドから、最も稀少な18世紀の人物像なら30000ポンドとなります。これらは今でもマイセンでつくられているが、やはり品質は昔のものほどは良くはない。

閉じる

MENU
トップへ戻る