ダイヤモンド

ダイヤモンドの買取は0.1ctからお受けさせていただきます。古いもの、欠けてしまっているものでも一度お持ちください。鑑定書がなくても大丈夫です。当店の鑑定士がしっかりと評価をさせていただきます。

ダイヤモンドの買取について

ダンシャリでは長年ダイヤモンドの買取をしてきた経験豊富な専属の鑑定士が査定をしております。ダイヤモンドは高額商品ですが、直接店頭にお越しいただかなくてもお電話やメール等でも買取は可能です。お手元に鑑定書をご用意して下さい。また、鑑定書がない場合でもダンシャリなら査定、買取は可能です。ご相談下さい。

鑑定書 CGL(中央宝石研究所)鑑定書
鑑定書 GIA(米国宝石学会)鑑定書

ダイヤモンドの買取査定基準

ダイヤモンドには4Cというものがございます。  カラット(Carat)重さ・カラー(Color)色・クラリティ(Clarity)透明度・カット(Cut)形状、とダイヤモンドの品質は この4つの要素で決定され、この頭文字をとって4Cと呼ばれています。主に この4Cのグレードの組み合わせによって相場が決まっています。ダイヤモンドの4Cの評価が記載されているものが鑑定書と呼ばれるものになります。

カラット【Carat】について

カラット(ct)はダイヤモンドの重さの単位になります。ダイヤモンドのグレードを表す言葉の中では一番よく聞くワードだと思います、1カラットは0.2gと決まりがあります。ダイヤモンドの重量であるカラットが上がると重くなりますので、当然見た目も大きくなります。カラットが大きなダイヤモンドほど産出量が少なく、ct数が大きければ大きいほど希少性も高くなるわけです。

カラー【Color】について

ダイヤモンドの色味は無色透明に近いほど、ダイヤモンドの価値は高くなります。無色透明の「D」を最高評価とし、アルファベット順に続いて「E」「F」「G」・・・という具合に等級付けされています。「D」から遠ざかるほど、黄色味が強くなっていきます。また、ある程度の黄色みを超えてくると、別の評価され、ファンシーカラーなどと評価されます。ほかにピンクやブルー、グリーンなどのカラーダイヤモンドが存在し、無色のダイヤモンド以上に評価されるカラーダイヤモンドがあります。

クラリティ【Clarity】について

磨かれたダイヤモンドを専門の鑑定士が適正な光源のもとで10倍に拡大して検査します。クラリティは透明度の評価となり、傷やインクルージョン(内包物)の数や有無、位置、大きさ、などで評価され最高評価の綺麗なものを「FL」(フローレス)とし、順に「IF」(インターナリーフローレス)、「VVS1」、「VVS2」、「VS1」、「VS2」、「SI1」、「SI2」、「I1」、「I2」「I3」となっていき、全部で11段階で評価が分かれています。肉眼ではSIクラス以上では識別が困難とされております。

カット【Cut】について

カットは、ダイヤモンドのプロポーションの評価で、唯一人の手によって形成される部分になります。ダイヤモンドの美しい輝きは、精密なカット技術から生まれます。最もポピュラーなラウンドブリリアントカットは最高評価である「EXCELLENT(エクセレント)」から順番に、「VERY GOOD(ベリーグッド)」、「GOOD(グッド)」、「FAIR(フェアー)」、「POOR(プアー)」の順にグレードが決まっていきます。カットの良いものほど、美しく輝きます。近年ではカットの技術もハイレベルになり、EXCELLENTの中でさらに優れているとされる「ハート&キューピット」や「3EX(トリプルエクセレント)」と呼ばれるカット評価もあります。

ダイヤモンドの買取査定

買取に必要なものは本人確認書類だけ

本人確認書類
運転免許証運転経歴証明書パスポート住民基本台帳カード 健康保険証在留カード特別永住者証明書個人番号カード
※200万円を超えるお取引の際は源泉徴収料、確定申告書、預貯金通帳のいづれかが必要になります。
古物商許可証:第304361308947/東京都公安委員会
トップに戻る