• 2015年5月15日
  • 2019年11月18日

ゴールド【18金】を持つなら覚えておきたいお手入れ、収納方法

ゴールド【18金】を持つなら覚えておきたいお手入れ、収納方法

世界共通の安定資産としても近年注目を集めているゴールド。シルバーといった他の貴金属と比べると輝きを保ちやすいと言われるゴールドですが、手入れを怠るとその輝きが失われることも。

独特の気高い輝きで他を圧倒するゴールドの、力強く美しい輝きをキープする、正しいお手入れの方法を学びましょう。

酸化しないゴールドの黒ずみは、ズバリ「汚れ」

シルバーなど、他の貴金属製のアクセサリーと比較すると、ゴールドは酸化が極端に少ない素材と言われています。そんなゴールドのアクセサリーでも、使い続けるうちに黒ずんでくる場合はあるのです。

ゴールドのアクセサリーに黒ずみが発生した場合、シルバーなどと同様に「酸化した」と思いがちですが、実は酸化ではありません。ゴールドアクセサリーを黒っぽく見せてしまう原因は、ズバリ「着用することによって付着した汗や皮脂などの汚れ」なのです。

ゴールドの正しいお手入れ方法とは?

シルバーが黒ずんできた場合、原因は酸化によるものなので、その反応を元に戻す方法をとるのが一般的です。これに対し、ゴールドの黒ずみは単なる汚れによる場合が多く、シルバーと同じ方法では元の輝きを取り戻すことができません。

ゴールドの黒ずみをとる方法としては、市販の専用クリーナーや専用クロスを使用するなど様々な方法があります。なかでも、家庭にあるもので手軽にできる方法として、中性洗剤を利用したお手入れ方法を紹介ましょう。

ぬるま湯に少量の中性洗剤を溶かし、黒ずみが気になるゴールドアクセサリーを入れます。傷をつけないように柔らかなメイク用ブラシなどを利用して、優しく汚れを取り除きましょう。
その後流水でよくすすぎ、水気を除いて完全に乾燥させます。乾燥にはドライヤーの冷風モードなどを利用するのも効果的です。

気をつけたいのは、ゴールドは他の貴金属と比べても柔らかく、傷つきやすい素材であるという点。ぶつかったり擦れたりして余計な傷がつくことを防ぐためにも、ゴールドアクセサリーは1点ずつお手入れするようにしましょう。

傷がついてしまったゴールドは、市販の研磨剤などを利用して修復することもできます。しかし、加減が必要な繊細な作業であり、素人がむやみに手を出すとさらに状態を悪化させてしまうことも。プロに任せることも必要です。

ゴールドの美しさを保つ使用法とは?

いつまでもゴールドの力強い輝きをキープしたいなら、着用するごとに付着した汚れをきちんと落とすことがとても大切です。
1日使用したゴールドのアクセサリーは、収納スペースに戻す前に、乾いた柔らかい布やセーム革で優しく拭くことを習慣づけておきましょう。

また、傷つきやすいゴールドは、他のアクセサリーとの接触を避けるため、できる限り単品ずつ収納するようにしたほうがベターです。

アクセサリーの数が多すぎると、収納スペースに余裕がなくなり、ゴールド製品に傷をつけてしまう原因ともなります。普段使わないアクセサリーがあれば、買取サービスを利用するなどして処分して、収納するアイテムを絞ることも効果的なのです。

ゴールドを使用する度に簡単なお手入れをする習慣をつけてさえおけば、黒ずみを避けることはさほど大変なことではありません。この機会にお手持ちのゴールドアクセサリーを見直し、その輝きを取り戻すお手入れを加えてみてはいかがでしょう?

また、その管理を負担に感じるようであれば、アイテムの処分も検討することをおすすめいたします。

閉じる

MENU
トップへ戻る