銀座でブランド買取なら高価買取のダンシャリ銀座

MENU CLOSE

査定・買取方法はお客様のご要望に合わせて!

まずはカンタン無料査定!ご相談もお気軽に!

0120-954-288 受付時間 11:00~19:00

受付時間
11:00~19:00

VINTAGE

銀座でブランド品買取、宝石類の高価買取ならダンシャリ銀座

MENU

ご相談はお電話でも

0120-954-288

受付時間 11:00~19:00

  • 2021年7月13日
  • 2021年7月17日

ロレックスの買取り金額はいくら??高額で売るためのコツとは!?

誰もが知る超有名高級時計ブランドであるロレックス

 

誰もが知る超有名高級時計ブランドであるロレックス。ロレックスを腕に巻いているだけでワンランク上がる。そんな圧倒的なステータス性を持つロレックスについて基礎知識とともに、中古市場における買取相場や、さらに高く売るためのポイントをご紹介します。

 

ロレックスとは 歴史

ロレックス(ROLEX)はハンス・ウィルスドルフが1905年に創業したウィルスドルフ&デイビス社の腕時計ブランドです。1908年に商標登録したわずか2年後にはクロノメーターの公式証明書を取得。当時から非常に精度の高い腕時計ブランドでした。1910年にはビエンヌの時計学校(のちのビエンヌ検定局)で公式精度検定最高レベルのクラスAを獲得。1914年にはキュー天文台(イギリス)でも精度A級認定を受けるといった腕時計初の快挙を成し遂げました。その後もロレックス3大発明と呼ばれる「オイスター」・「パーペチュアル」・「デイトジャスト」機構を開発。腕時計としての高い実用性とデザイン性を兼ね備えており、高級腕時計ブランドとしての地位を確立させました。

  • 魅力

ロレックス最大の魅力はその実用性です

ロレックス最大の魅力はその実用性です。ロレックス=高級ブランド時計というイメージをお持ちの方も多いでしょうが、ロレックスは時計としての完成度が高い実用的な時計なのです。当時の腕時計は「ホコリや湿気に弱く、落とすとすぐに壊れてしまうもの」でした。そんな脆弱であった時計の常識を見事に覆す、高い耐久性と視認性に優れた多くのモデルを発表してきたロレックス。実用性に優れた腕時計は多くの人に長く愛されるようになりました。

高額ではあるものの、その理由はひとえに手間をかけているからに他なりません。製造工程がオートメーション化できる工業製品と違い、機械式時計はネジを一つ一つ手で磨き上げ、時刻を調整し、1週間以上かけて精度試験を行い、調整を繰り返します。こうした作業の果てに完成するのが優秀な時計ロレックスなのです。1本1本が職人の汗と愛の結晶と言える作品です。ロレックスに多額の費用をかけられる人ほど、この仕組みをよく理解しているとみて間違いありません。

 

  • ロレックスのモデル別買取相場

ロレックスは中古市場でも非常に需要のあるブランドですので、買取相場もかなり高額です。定価100万円以下のモデルでおよそ50%-70%。それ以上の高額モデルは30-50%前後が相場です。

  • デイトナ

デイトナ

 

 

  • 買取相場

140-230万円前後

  • デイトナとは

デイトナはロレックスの中でもトップクラスの人気モデルで、入手困難なレアモデルとしても注目されています。1960年代の誕生から今日に至るまでその人気は衰えを知りません。デイトナは「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」という、当時アメリカで最大規模であったサーキットから名付けられました。また、当時のハリウッドスター、ポール・ニューマンが身につけていた超レアモデルもデイトナの一つでした。このようなロマン溢れる逸話が人々を魅了してやまない理由の一つと言われています。

  • サブマリーナ

サブマリーナ

 

  • 買取相場

65-110万円前後

  • サブマリーナとは

上品な存在感を放つロレックスの大人気モデルです。サブマリーナは1953年の初代から幾度となく改良されてきました。1950年代のサブマリーナは「アンティークサブマリーナ」と呼ばれ、非常に高値で取引されています。特にRef.6200は数千万円以上と言われる超高級アンティークモデルです。サブマリーナは高い防水性と50年以上にわたり変わることのない普遍的なモデルとして、ロレックスの中でも高い認知度を誇っています。通称ブラックダイヤルと呼ばれる文字盤は高い独自性と視認性で、時計としての実用性も抜群です。

  • エクスプローラー

エクスプローラーⅠ

 

  • 買取相場

30-55万円前後

  • エクスプローラーとは

エクスプローラーシリーズは未踏の地へ赴く探検家(エクスプローラー)のために開発されたモデルです。実用性を最重視し、シンプルで高い耐久性と視認性を持っています。エベレストの登頂に使用されたことでその名を轟かせました。シンプルなデザインはどこにおいても浮かずにマッチするので、現在はビジネスシーンやカジュアルシーンでも着用されています。後継機のエクスプローラーも発売されており、デザインに違いが見受けられます。

  • GMTマスター

GMTマスター

 

  • 買取相場

75-100万円前後

  • GMTマスターとは

「陸」のエクスプローラー、「海」のサブマリーナときて次に登場したのが「空」のGMTマスターです。当時世界一の航空会社と呼ばれていたパンアメリカン航空にからパイロットウォッチ制作の依頼が舞い込みました。パンアメリカン航空からの要求は「出発地と目的地の時刻を一度に確認できる時計」でした。ロレックスはその要望に応え、1955年にGMTマスターを開発しました。出来上がった初期のGMTマスターRef.6542は個性的なモデルとして人々に受け入れられました。しかしながら耐久性に問題があったため2年後に素材を変更しています。

  • エアキング

 

エアキング

  • 買取相場

10-55万円前後

  • エアキングとは

ロレックスの中でも比較的価格が安定しており、エントリーモデルとして親しまれているのがエアキングです。エアキングは1940年代に「航空業界へのオマージュ」として誕生しました。パイロットウォッチとして必須な高い視認性と機能性を兼ね備えたシンプルかつ使いやすいエアキングは、多くのロレックス支持者から高い評価を得ています。

 

  • さらに高く買い取ってもらうためのコツ

さらに高く買い取ってもらうためのコツ

 

ロレックスはそのあまりにも有名な知名度から、どんなモデルであろうとも高価買取が約束されています。しかし、できることならさらに高く買ってもらいたいものですよね。ロレックスをさらに高く買い取ってもらうためのコツをいくつかご紹介します。

  • 市場価格を知っておく

ロレックスは高額で売買されるアンティークモデルが非常に多いことで有名です。お手持ちのロレックスが該当のアンティークモデルであれば、安く買い叩かれないように、しっかりと事前に市場価格を調べておきましょう。

  • ホコリを拭き取る

ホコリを拭き取る

やはり見た目は査定価格に影響を及ぼします。少しでもキレイにしておきましょう。時計の盤面は柔らかい布で軽く拭き、ケースとメタルブレスレットは石鹸水と柔らかいブラシで洗いましょう。

なおレザーストラップは湿気に弱いので布で軽く拭いた後、陰干しして湿気を取り除きましょう。

  • 付属品を揃える

付属品を揃える

購入時の付属品をあるだけ揃えましょう。ロレックスの付属品は「付属品単体」だけでも買い取ってくれるほど価値の高いものです。時計本体と号時に査定に出して高額買取を目指しましょう。

ロレックスの主な付属品は以下のとおりです。

  • 外箱
  • 内箱
  • 国際保証書
  • 取扱説明書
  • 保証書請求ハガキ
  • クロノメータータグ
  • アフターサービスのご案内などの冊子類など

他にも限定品につけられている付属品など様々なものがあります。何が必要か分からない場合は、購入時のレシートや紙袋など全て持ち込みましょう。

  • タイミングを見計らう

査定のベストタイミングはボーナス支給前の5月ごろや11月ごろ。理由はボーナスでロレックスを購入する人が多いからです。そのためボーナス前はロレックスの査定額が上がりやすい時期なのです。5月や11月まで待てない人は、1日でも早く売るのがよいでしょう。ロレックスは壊れにくい時計として有名ですが、それでも日に日に痛みは蓄積されています。ベストコンディションで査定に出せばそれだけ高額査定が期待できます。早めの売却をお考えの人はできるだけ早く査定に出しましょう。

  • 他のものと一緒に売る

他のものと一緒に売る

ロレックスは高級時計ですから、リサイクルショップやネット売買は基本的にお勧めしません。売却先はブランド品買取専門店となるでしょう。買取専門店では何点か同時に持ち込むと査定額をアップしてくれるサービスがあります。例えばDan-Sha-Riでは2点以上まとめての査定で査定額がアップする「おまとめ査定」を実施中です。このタイミングで、おうちで眠っているアレコレをまとめて査定に出し、査定額アップを目指しましょう。

 

2点以上まとめての査定で査定額がアップする「おまとめ査定」を実施中!!

2点以上のまとめ査定で10%アップ

銀座でロレックスを売るならダンシャリ銀座にお越し下さい!

他店さんに負けない金額でお買取いたします。ここからお問合せもできます。